中野果実園の歴史

初代 中野勝は元々造園業と植木の苗を育成する事業を行っていましたが、ぶどうの苗に興味を持ち、自宅裏の土地(1000㎡)でぶどう園を開園したのが始まりでした。
1959年創立以降、2代目、3代目と引き継がれ農園の大きさは30000㎡となり、現在ではぶどう、いちご、柿のフルーツ狩りが楽しめる果実園になりました

美味しさ、安全へのこだわり

お子様にも安心して食べていただけるようなフルーツを、土作りからこだわって栽培しています。
中野果実園ではいちご、ぶどう、柿とそれぞれ収穫時期も栽培方法も異なっているため、フルーツごとに農園の管理者を分けています。いちごは有機肥料のみを使用し、遺伝子組み換え技術を利用せず、環境への負担をできる限り低減した有機栽培を行っています。ぶどうも有機肥料を使用した栽培で、味の品質を1番に考え肥大促進剤や種無しにするホルモン剤を使用しない栽培を行っています。農薬は時期や場所によって使用していますが、使用量を最小限に抑え、いちごはそのままでも安心して食べられるように収穫時期には農薬を使用しておりません。中野果実園は砂上の土地で水捌けが良く果実作りに適しているため、甘くて美味しい果実がよく育ちます。

農園管理のスタッフについて

中野果実園ではフルーツ狩りの時期に合わせてスタッフを増員して対応しています。地元の農家からお手伝いに来ているスタッフなので、美味しいフルーツの見分け方や収穫方法をレクチャーさせていただきます。田主丸の観光スポットや周辺施設などについても地元のスタッフがお教えしますので、お気軽にお声掛け下さい。

園主あいさつ

「中野果実園」は福岡県の南部・久留米市にあり、緑豊かな耳納山に抱かれて筑後川を見晴らす自然豊かな農園です。
なだらかな傾斜地の園内では、10種類以上のぶどうと他では見られない個性派の柿などを、 土や肥料にこだわり、地道な手入れを長年施してきた自然農法で栽培しています。
園主の思いと愛情がたくさん詰まったフルーツを、ぜひ味わってみてください。

よくあるご質問

フルーツ狩りの時期や金額についてよくあるご質問をまとめております。
ご質問がある方はお気軽にお問い合せフォームよりご連絡下さい。

よくあるご質問

お問い合せはこちら

 

中野果実園について

創立 1959(昭和31)年
代表者 中野 勝英(3代目・現在)
中野 勝廣(2代目)
中野 勝(1代目)
スタッフ人数 3〜6名(時期により人数は変わります。)
住所 〒839-1212福岡県久留米市田主丸町石垣343
電話番号 080-8853-1864
FAX番号 0943-72-1328
営業時間 9:00~17:00
定休日 8/13~8/15・12/28.31~1/2
トイレ 完備(簡易水洗)
駐車場 普通車4台・大型車1台
取扱商品 いちご、ぶどう、柿
配送サービス

 

中野果実園ではLINE公式アカウントも開設しております。
開園時期のお知らせやお得なクーポンなども配信していますのでぜひ友だち登録お願いします!

友だち追加

PAGE TOP